あなたの就職活動サポートします

面接2

健康状態

面接のときは苦手ではないという方でも、緊張が生まれ、それは大きなストレスとなります。そのため、前日や当日にお腹が痛くなったり、体調が悪くなるような方もいるそうです。そしてどうしても緊張を感じると、そのほかのことに気持ちが向きやすくなってしまうのです。テスト前に、勉強しないとわかっていても、部屋の掃除をしていたり、ゲームやマンガを読みたくなったりなんて事はありませんか。それと同じです。

そのため、面接前には早めに寝るように心がけましょう。緊張で眠れないという方は、軽くストレッチしたり、ぬるめのお風呂に入ったり、温かい飲み物を飲んだりなどして、リラックスして休むといいと思います。

当日の朝

とうとう、当日のになりました。面接当日の朝は早めに起きましょう。なかなか眠れなかった人でも、こういう日は大体の人が最初の目覚ましですぐに目を覚まします。これは緊張の良いところでしょうか(笑)。それはおいといて、その日は食事して出かけましょう。朝食を取ることで糖分を摂取し、それによって脳が目を覚まします。人の脳は困ったことに起きたと同時には目を覚まさないようにできているので、起こすためにも栄養を送ってやるのです。普段食べない人もこれを機会に、朝食をとる習慣も付けておくのもいいでしょう。

それと、当日は新聞屋ニュースはチェックしておきましょう。社会面だけでなく、全体を通して読むようにして満遍なく知識を得て、蓄えることが大切です。就職活動中は、新聞やニュースを見る習慣をつけるいい機会です。特に大きく取り上げられているような、ニュースは要チェックです。

遅刻は厳禁

基本的に待ち合わせなどは、10分〜15分前に着くのが常識ですが、面接などのように自分の将来が決まるような物には30分ぐらいの余裕を持って動きたい物です。常に時間を確認できるよう、もし時計を持っていない方がいたらパネライ正規販売店などで時計を買っておきましょう。30分も必要無いと思われる方もいるかと思いますが、30分前を目標に行動すると、忘れ物をした時、乗り遅れた時などでも問題を解決する余裕が生まれます。

電車やバスを使う場合は必ず普段より遅くなると考えておきましょう。そのため、切符などをその日に買うよりは、SuicaやICOCA、PASMOのような物を使うほうがいいと思います。これらのもとを多少ですが時間を節約できます。遅刻は社会人失格のレッテルを貼られます。 早め、早めに行動して間違いはありません。特に中央線は止まりやすいそうですし・・・。とこのようにいっても毎年、必ずといっていいほど、遅刻者が数人います。人助けにための遅刻なら仕方ないでしょうが、それ以外の事で遅れたら、面接なしで不採用の可能性もあります。気をつけてください。

緊張したら

毎年、就職活動の時期になるといろんな所でスーツに「着られている」人をよく見かけます。面接初体験という方でしょう、そういう方ほど緊張しています。「怖くなって引き返してきた」という経験を持つ人もいるのですから、その緊張の度合いはおして知るべしです。緊張するのはいい自分を見せようとか、そういう意識からくるものです。程よい緊張はプラスになることが多いのですが、これほどの緊張はマイナスにしかなりません。

こういう場合は、好きな本を開いてみたり、好きな音楽を少し聴いてみたり、誰かに電話して、声を聞くのもいいかもしれません。しかし、時間の余裕が無いとできません。このような場合に備えるために、早め早めの行動が必要になるのです。

次のページへ

注目サイト

TopBuzz

Last update:2018/9/5