あなたの就職活動サポートします

面接1

面接の目的

大抵の企業は、面接を行います。企業によっては2回〜3回行うのが一般的ですが、中には1回だけという所もあれば、4回以上の所もあるそうです。一般的に大手の企業になるほど、面接の回数も多いようです。特に金融業になるほど、多くなり、6回〜7回なんていうのもあるそうです。最終面接で落とされたらと、考えると恐ろしいですね。

それはさておき、面接の目的は難だと思いますか。グループ面接であろうとも、個人面接であろうとも、15分〜20分ぐらい掛けて面接を行うのですから、必ずそこには理由があります。意味の無い時間を使うほど、企業も面接官も愚かでは無いでしょう。わかっているでしょうが、面接官や企業は、将来企業にとって有益であると思われる人を優先的に採用していきます。筆記試験や一般常識だけではわからないことを、面接で実際あって、話を聞いたり質問したりして判断するのです。

7割は面接

これは管理人が実際に企業説明会などで聞いた話なのですが、企業が内定を決めるきっかけとなるのは7割が面接で残りが、筆記試験や性格判断などでの判断だそうです。つまり、筆記試験や性格判断で満点であっても、面接で失敗したら内定は難しいということです。逆に言えば、筆記試験などで失敗しても、面接が大成功なら内定を取れる可能性はあるということになります。

しかし、この面接は誰もが苦手としている物のです。しかも、これで合否の判断が行われるとしたらと考えると緊張はさらに高まります。面接官は15分〜20分という人を見分けるには短いじかんでどのように判断していると思いますか。ズバリ第一印象です。面接官の面接評価表で、一番最初にあげられているのが、身だしなみや礼儀などの、第一印象に関わる項目なのです。

好き嫌いなどの個人的な嗜好は関係ありませんが、新人として求められる身だしなみ、マナーなどは特に重要です。これは、新入社員だからというわけだけではなく、社会人としての心構えとしても大事であるためです。企業側が、新入社員から定年退職までの労働力にかける出費は、数億とも言われています。それだけの出費をよいものにするか悪いものにするかはここで問われるわけですから、やはり面接での目は厳しくなります。

下準備

面接での質問は、履歴書などから質問されるのが一般的ですので、面接前には履歴書に書いた内容を思い出しましょう。コピーした履歴書があるのなら、それを見て思い出しましょう。履歴書に書いてあることと、面接で答えたことが違っていたら、まず間違いなく好印象は与えられないでしょう。悪くて、でたらめを書いていると考えられてもおかしくはありません。でも、嘘を書かなければ、正直に答えるだけで間違いは無いはずですので、落ち着いて答えるべきです。それと自分の言葉でしっかりと答えましょう。

それと、面接の準備を当日に行う人もいますが、できたらそれはやめたほうがいいでしょう。もちろん午後5時過ぎとか遅い時間や近くで5分で着く場所なら、それほど問題は無いと思いますが、大体面接は、朝の時間帯で行われ、普通は家から遠い場所だと思います。朝の忙しい時間内であわてて準備するよりは、夜のうちに準備しておくのが賢い方であると言えるでしょう。

準備する物は、まずスーツです。スーツなどはハンガーなどに一式揃えておきましょう。シワになっている場合はアイロンをあてて置きましょう。においは大丈夫でしょうか。靴は確認しましたか。面接官は細かいところも見ていますからしっかり準備しておきましょう。
次にかばんの中です。履歴書や提出書類を折り曲げずに入れられるビジネスバッグの準備は出来ていますか?必要な書類は入っていますか。履歴書などのコピーはありますか。筆記用具は持っていますか。たとえ、試験などのように筆記用具を必要としないようなときでも、一応筆記用具は入れておきましょう。

最後に面接会場までの交通ルートは間違いありませんか。工事や交通規制、万一の事故の場合にも、別ルートで行ける方法を考えてありますか。また前日に、会社のホームページを見ておいたり、志望業界の動向もチェックしておくと、当日質問されても、余裕を持って対応できますので、見ておくのもいいでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

精力剤・増大サプリを口コミで比較!人気おすすめランキング【男性編】

2018/8/20 更新